読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うぬぼれ

ハロヲタ10年やっちまったんだよ

おすすめ、ハロプロの非・つんく♂楽曲

ハロプロ

長らくハロー!プロジェクト(通称・ハロプロ)の総合プロデューサーを務めていたつんく♂が、病気療養その他いろいろ大人の事情があったかもしれないが、ともかくハロプロのプロデューサーを卒業したのは2014年10月のこと。約2年も前のことになります。

つんく♂の楽曲はクセがあり賛否両論ありますが、多くのハロヲタはなんだかんだでつんく♂が作りだす楽曲を愛しています。

つんく♂がいるからこそのハロプロつんく♂が表現したい世界を歌でダンスで表情で表現するアイドルたち。つんく♂ありきのハロプロつんく♂フォーエバー。

ハロヲタでもありつんく♂信者でもある私は思いつつも、やっぱりハロプロそのものも大好きで、残されたみんな(アイドル、スタッフ共に)でつんく♂が育て上げたハロプロを守ろうとしている2016年現在も、楽しくハロヲタをしています。

 

今回はそんなつんく♂が卒業したハロプロの、つんく♂以外が制作したおすすめ楽曲をいくつか紹介?羅列?したいと思います。

 

 

***

 

℃-ute

 

・『夢幻クライマックス』


℃-ute『夢幻クライマックス』(℃-ute[Dreamlike Climax])(Promotion Edit)

 作詞・作曲:大森靖子 編曲:大久保薫

2017年6月に解散することが決まっている℃-uteに寄せて、ハロプロファンを公言するシンガーソングライター・大森靖子さんが書き下ろした1曲。

イントロからクラシックなピアノの音が響き渡り、全編にわたってダークな雰囲気に包まれている、超クールな曲。歌詞にはメンバーの名前がちりばめられながらも、解散に向かう℃-uteとそれを惜しむファンの関係に焦点が当てられています。

「強くなりすぎた」(あるいは成熟しきった)彼女たちの魅力を最大限に引き出そうと、今までにない中二病的・ビジュアル系的な世界観に仕上がっています。

 

・『人生はSTEP!』


℃-ute『人生はSTEP!』(℃-ute[Life is STEP!]) (Promotion Edit)

作詞:角田祟徳 作曲:石井浩平 編曲:石井浩平

人生を駆け上がろうとするオトナ女子をジャズテイストでまとめた1曲。振付にはタップ風ダンスを盛り込み、歌もダンスもリズミカルに流れていきます。

粘っこい歌唱や時折差し込まれる裏声がハロプロらしかったり、でもオシャレな雰囲気がハロプロっぽくなかったり、ハロプロらしさ・らしくなさが融合していて、長年ハロプロに在籍してパフォーマンスを磨いた℃-uteだからこそ様になります。

非常に難しい振付となっていますが、℃-uteの高いパフォーマンス能力によってきちんと成立しています。それだけでなく、メンバー全員が子供から大人に近づいたからこそ、こういう曲もハマるのでしょう。カワイイだけではない、美しいアイドルの到達点の1つです。

 

 

モーニング娘。

 

・『泡沫サタデーナイト!


モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』(Morning Musume。'16[Ephemeral Saturday Night]) (Promotion Edit)

 作詞・作曲:津野米咲 編曲:鈴木俊介 ストリングスアレンジ:クラッシャー木村

ガールズバンド・赤い公園のギタリストの津野米咲さんが楽曲提供をしたこの曲、ネットの一部でいわゆる『泡沫コラ』*1が流行っていたので知っている方も多いかもしれません。

ファンク・ディスコ調でノリノリ、ハロプロらしさで溢れています。振付は簡単で真似しやすく、間奏ではこの曲がラストシングルとなった鈴木香音がDJに扮して特徴的なセリフで盛り上げ*2、ライブでは大盛り上がり間違いなし。言うなれば'16のLOVEマシーンです。

しかし楽しいだけだと侮ってはいけません。ラスサビの小田さくらのソロパートは見事のひと言。ただ楽しいだけではなく、歌のプロフェッショナルとしてのモーニング娘。も堪能できます。

 

・『今すぐ飛び込む勇気


モーニング娘。'15『今すぐ飛び込む勇気』(Morning Musume。'15[the courage to jump in right now]) (Promotion Edit)

作詞:児玉雨子/三浦徳子 作曲:泰誠 編曲:浜田ピエール裕介

新生モーニング娘。の絶対的エース・鞘師里保の在籍時に関わらず、メインボーカルを取ったのは奇才・佐藤優樹と新人・野中美希。甘さと伸びが特徴的な声質で、しっかり歌い切っています。

子供であることに焦りながらも周りに目を向け、自分の力で世界を切り開いていこうとする歌詞が、中高生が多くを占める新生モーニング娘。にピッタリです。派手さのないサウンドですが、そのシンプルさが逆に胸を打ちます。

Bメロのソロパートを歌う鞘師と佐藤の魂のこもった歌声は圧巻。アイドルファンでなくても聞いてほしい出来になっています。全体的に言えば歌割は意外とばらけており、表現力が豊かだったり拙かったり、それぞれの等身大の歌声にも注目してほしいです。

 

 

アンジュルム

 

・『大器晩成』


アンジュルム『大器晩成』 (ANGERME[A Late Bloomer]) (Promotion edit(New Ver.))

 作詞・作曲:中島卓偉 編曲:鈴木俊介

スマイレージ』から『アンジュルム』に改名して、新メンバーの3人*3を迎えての初シングル。それを飾るに相応しい曲だとファンの間で大評判になりました。サンキュー卓偉。

ディスコ調のメロディで、最初から最後までパーカッションが暴れまわっています。その上をメンバーがユニゾンで走り回り、休みなく跳ねるようなダンスで聞いている者を盛り上げます。

多くは割愛しますが、アンジュルムは散々苦汁をなめたアイドルです。先行きに不安を抱くファンもいた中、この曲で彼女たちは「誰もこのハンパなさわかってない でも知ってもらえずに終わったら 死んだ後に評価が高まる 後付け天才のパターン いやいやそんなのあり得ないし」と反骨精神たっぷりに歌い上げ、「大器晩成」なんて言ってる暇ないぞ!とふてぶてしく反撃の狼煙を上げました。

 

・『次々続々


アンジュルム『次々続々』(ANGERME[One by One, One after Another])(Promotion Edit)

 作詞:児玉雨子 作曲・編曲:平田祥一郎

4期メンバー・上國料萌衣を迎えての初シングルは、近年のハロプロらしいEDM楽曲でした。ファンから“戦闘民族”呼ばわりされるアンジュルムの攻撃性が、歌といいダンスといいMVといいこれでもかというほど光っています。

2番のBメロで、この曲をラストシングルとし卒業していく田村芽実が「変わり続けられるような勇気」と歌い、唯一の初期メンバーである和田彩花が「変わらぬままそこにある真理」と歌い、他のメンバーが「どちらも素敵 生きてる醍醐味」と2人の背中を押す光景にグッと来たファンは多いのではないでしょうか。

あてがき曲というのはハロプロには往々にしてあり、そんなところにもつんく♂リスペクトが感じられます。

 

 

こぶしファクトリー

 

・『チョット愚直に!猪突猛進


こぶしファクトリー『チョット愚直に!猪突猛進』(Magnolia Factory [Foolishly Honest! Impulsive Actions!]) (Promotion Edit)

作詞・作曲:前山田健一 編曲:鈴木俊介

2015年にデビューしたこぶしファクトリーつんく♂色に染められてないと思いきや、ファンク・ディスコ調、ガナリ・コブシを多用したアイドルらしくない歌唱、控えめに言ってもTHE・ハロプロです。

楽曲提供をした前山田健一ヒャダインの名でも知られています。キャッチーなメロディと勢いのある歌詞が特徴で、この曲でも前山田さんのよさが爆発していますが、かなりハロプロ及びつんく♂に寄せてくれた印象です。

前山田さんとミュージシャンであるダンス☆マンさんとの対談が『アプカミ』というYouTubeの番組で見られるので、お時間があればぜひ見てください。ちなみにこの曲のオルガンのレコーディングも見られますが、これがまたとんでもないです。

アプカミ#04 ダンス☆マン x 前山田健一 対談、こぶしファクトリー「押忍!こぶし魂」MV撮影の裏側 &「チョット愚直に、猪突猛進」オルガンREC、中島卓偉LIVE映像他 (02/19/2016) - YouTube

 

・『押忍!こぶし魂


こぶしファクトリー『押忍!こぶし魂』(Magnolia Factory [Osu! Soul of Kobushi]) (Promotion Edit)

 作詞・作曲:星部ショウ  編曲:平田祥一郎

とにもかくにも「この瞳でスクリーンショットしたい」という歌詞が秀逸。星部ショウ天才なんじゃないか?と思いました。

ふざけたタイトルですがこれがなかなかきれいにまとまっている良曲で、曲も振付も衣装も応援団風になっており、こぶしファクトリーの代名詞となりつつあるガナリ・コブシが活かされています。

約3分31秒とハロプロにしては短い曲であっという間に終わってしまいますが、物足りなさはなく、しっかり爪痕を残します。

 

 

***

 

以上、ハロプロの非・つんく楽曲のおすすめでした。

シングル曲の一部のみに留めましたが、もちろんシングル曲・アルバム曲問わずここで紹介していない良曲はまだまだたくさんあるので、ぜひ検索してみてください。

『ハロステ』というYouTubeの番組はマジおすすめ。

モーニング娘。'16新曲MV!カントリー嗣永卒業発表、こぶしライブ、℃-uteイベント、℃-uteの一般常識、アンジュルムダンスレッスン! MC:嗣永桃子・広瀬彩海【ハロ!ステ#194】 - YouTube

 

*1:MVに出て来る「踊りたい!」「サタデーナイト!」などの金ピカ文字を使った静止画コラや、楽曲に他のアーティストの映像を合わせた動画コラなどのこと。主にジャニーズ界隈で流行っていた印象が強いです。

*2:歌番組によってセリフを変えたり、鈴木香音卒業後は他のメンバーが持ち回りで担当したり、この曲の見せ場の1つとなっています。

*3:室田瑞希・相川茉穂・佐々木莉佳子の3人。3期メンバー。